GMOコインのライトコイン | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

GMOコインのライトコイン

ライトコインをGMOコインで売買するメリット

 

ライトコインは、ビットコインと比べて知名度は控えめながら、GMOコインをはじめ多くの取引所で取り扱われている通貨す。ライトなコインともなれば、知名度どころか、何となくインパクトのないありきたりな名称にも思えるかもしれません。

ですが実際は、注目しておいて損のない魅力的なアルトコインのひとつです。ライトコインがどのような特徴を持つコインなのか、またGMOコインで売買する際に知っておくべき点などについて、詳しくまとめました。

その名の通りの特徴を持つライトコイン

ライトコインとは、ビットコインとは異なるアルトコインの一種です。通貨単位には、「LTC」が使われています。アルトコインといえば、イーサリアムやビットコインキャッシュが有名ですが、ライトコインもまた負けてはいません。事実、GMOコインはじめ、最大手クラスの取引所がこぞって上場させているため、ある程度は仮想通貨取引を続けている人にとっては、馴染みの深い存在でしょう。

では、なぜビットコインでなく、ライトコインが一線級で取り扱われているのでしょうか。その理由には、ライトコインという名称からも分かる、軽いスピーディーといった特長により、将来性が大きく期待されていることが挙げられます。たとえばブロックの承認時間は、2.5分といわれています。

これはいわば、取引スピードともいい換えられる仮想通貨において重要なポイントです。逆にいうと、仮想通貨の多くは取引スピードの遅さがネックとなっている存在でもあるのです。ライトコインはビットコインの4分の1のスピード感で取引できるだけあって、何とも軽くスムーズな印象です。

さすがはライトなコインといったところでしょう。このライトさに伴い、ゆくゆくは実用的な通貨として大きな広がりをみせるのではと考えられています。実用化が進めば、自ずと購入する人が増え、1LTCあたりの価値も高まっていくことでしょう。

いわゆる、仮想通貨の高騰という状態が期待できるわけです。この状態における大きな利益獲得を狙い、売買ユーザー、そしてGMOコインのようなライトコイン売買ができる取扱所が多く存在しているというわけです。

 

ライトコインを売買するならGMOコインが便利

仮想通貨における損得を考えるとき、気にするべきは価格の変動だけでもありません。実は、他にもお金が動く箇所が存在します。それは、スプレッドこと取引手数料です。

購入価格と売却価格に差が設けられており、差額分がGMOコインへの手数料としてとられるといった仕様です。とはいえ、これはGMOコインならではのものでなく、仮想通貨取引所、さらにはFXにおいてもごく一般的な仕組みになっているので、GMOコインを悲観する必要はありません。ですが、いかにこのスプレッドを安く抑えられるかという点には、注目しておくべきでしょう。

その点GMOコインは、かなり安めに設定されている取扱所です。通常、相場によって随時変動する、もしくは高い値で固定されているといった仕様が一般的です。

ですがGMOコインでは、ライトコインのスプレッドは300円で固定されています。スキャルピングやデイトレードといった短期取引を考える場合でも、比較的気楽におこなうことができるでしょう。

またもう一点、外せない特徴として積極的なキャンペーン展開が挙げられます。過去には、ライトコインのスプレッドが安くなるというキャンペーンもあり、大きな注目を集めました。具体的には、2017年11月に、通常300円のライトコインスプレッドが100円になるといったものです。

今後もこのようなキャンペーンは大いに期待できるので、注目しておいて損はありません。なお2018年3月末現在については、口座開設書類発送後7日以内に口座開設をおこなうことで、ビットコイン20,000Satoshiがプレゼントされるというキャンペーンが実施されています。

 

GMOコインでライトコインの売買をしてみよう

GMOコインの口座開設ののち入金を完了すると、実際の売買が可能となります。まず、会員専用のトップページから「仮想通貨売買」の画面を開きましょう。次に、その中のライトコインを選択します。ライトコインのロゴは、白やグレーを基調としたまさにライトに感じられる色味と、頭文字である「L」のイラストが特徴的なものです。この特徴をイメージすると、すぐに探し出せるでしょう。

ライトコインの選択が完了したら、売買フォームを操作して実際に取引しましょう。最少注文数量である、0.1LTCから売買できます。2018年3月末現在、1LTCあたり12,000円ほどであるため、少なくとも1,200円以上は必要といった考えを持っておいてください。

金額やLTC数を指定ののち、売買ボタンを選択するだけでスピーディーに完了できます。購入したコインは、アカウント内の口座に保管されます。

 
ライトコインは、ビットコインやイーサリアムといった特徴的な名称でないだけに、少し印象に残りにくいかもしれません。ですが将来性に期待されている、有望株のひとつに他なりません。GMOコインでは、このライトコイン売買に関する手数料の点でメリットが感じられます。ライトコイン売買に本腰を入れたいなら、GMOコインが理想的といえるでしょう。

GMOコインに登録する

GMOコインに関する他の記事