モナコインの将来性 | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

モナコインの将来性

モナコインの将来性は期待できるか検証してみた

 

 

数ある仮想通貨の中でも国産ブランドとして注目を集めているのが、モナコインです。仮想通貨投資をしている人の中には、その存在は知っている人もいるかもしれません。しかし購入したあとの将来性が期待できるのかどうかよくわからないという人のために、今後の展開について予測してみました。

モナコインは2017年に急伸

モナコインの値動きをチェックしてみると、2017年の5~6月には1MONA=12円程度。それが10月ごろに入ると急騰しだします。11月末の段階で1MONA=760円程度・12月上旬には1MONA=2000円まで到達しました。たった1日で40%以上も価値が高騰することもありました。

2017年後半にモナコインという名称をよく聞くようになった方はいるかもしれません。それはこれだけ急伸したことで、マーケット内でも存在感が高まったことも関係しています。しかし2018年に入って、下落局面を迎えています。それでも数百円程度で値動きしています。当初の12円程度の価格と比較すれば、まだ高止まりしている状況で推移しているといえます。

モナコインは国内の主要取引所で運用されている

モナコインは2018年になって、急騰状態からかなり落ち着きを取り戻しています。しかし将来性は充分ある通貨といえ、今後も買いです。その根拠の一つは、国内の主要取引所で運用されているから。先ほど紹介したように2017年10月ごろから価格が急上昇しました。これは大手仮想通貨取引所に上場したことが影響しているといわれています。この時に日本でも最大手仮想通貨取引所の一つであるbitFlyerが上場すると発表したためです。この発表の後、モナコインの価格が8倍以上に跳ね上がりました

国内取引所ではあまり取り扱っているところは多くありませんでした。しかし最大手取引所が取り扱うようになれば、ほかの国内仮想通貨取引所も無視できないでしょう。このため、国内取引所に今後次々と上昇する公算は高いです。

国内取引所での取引量が増えて価値が上がっていけば、海外の取引所も無視できない存在になるでしょう。そういう意味で、モナコインは将来性の高い仮想通貨と言えるわけです。

オタク文化と深くつながっているモナコインの将来性

モナコインの将来性を期待する根拠として、オタク文化との深いつながりがあります。もともとこの仮想通貨は2ちゃんねるで開発されたといわれています。このため、サブカルへの親和性の高い通貨といわれていました。具体的にモナコインには投げ銭サービスがあります。SNSの「いいね!」投稿のような感じでクリエイターに対してコインを手軽に渡すことが可能です。漫画やイラスト、ゲームなどのコンテンツで投げ銭サービスが広く浸透しつつあります。この仮想通貨はエンタメ産業を主戦場にしているのですが、こちらは今後将来性の高いジャンルといわれています。


これからの時代、AIが経済活動にどんどん進出してくるとみられます。そうなるとAIが仕事を担当するため、人間の勤務時間が短くなり、娯楽などに時間やお金をつぎ込める可能性が高まります。実際ユーチューバーやプロゲーマーという職業は、ここ数年成立するようになった分野です。このようにエンタメ産業は今後どんどんマーケットを拡大させることも充分想定できます。

このエンタメ産業と深くつながっているモナコインは将来性も高いと言えます。さらに国産コインで日本国内では取引されていますが、海外の知名度はあまり高くありませんでした。しかし日本のサブカル文化は世界中にファンが多くいます。サブカルの浸透に乗っかって、仮想通貨も海外に進出する可能性も充分ありえるでしょう。グローバル化をするポテンシャルを持っているのも、将来性の高さの根拠になります。

コミュニティが強いところ

仮想通貨の取引をするにあたって、急騰して短期間で大きな利益を確保できる半面、新規の通貨の場合価格が短期間で急落する恐れもあります。ちょっとした出来事をきっかけにして、大きな損失を被るリスクはどうしても存在します。

しかしモナコインの場合、ある程度のところで底支えする可能性が高いです。この仮想通貨には熱狂的なファンがいるからです。国内ブランドということもあって、この仮想通貨のコミュニティは国内でもトップクラスの規模を持ち、愛着も深いです。このような固定ファンがいるため、たとえ下落したとしても、ある程度の価格で止まる可能性が高いです。リスクがあまり高くないため、将来性も高く、安全性もそれなりにあるといえます。

モナコインの将来性 まとめ

モナコインは上で紹介したように、今後更に広く浸透する可能性を持った仮想通貨といえます。将来性も期待できるため、買いの仮想通貨といってよいでしょう。まだ1MONA=数百円程度なので、無理なく購入できます。国内中心の取引にとどまっていますが、言い換えれば海外進出という将来性の伸びしろも大きいとなります。モナコインの将来性にかけてみませんか?

取引所一覧を見る

モナコインに関する他の記事