ビットコインの歴史 | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

ビットコインの歴史

ビットコインの誕生からこれまでの歴史

さまざまなメリットを持つ仮想通貨として注目されているビットコインは、2009年に初めて発行されてからこれまでの間に大きな成長を遂げました。

その結果、仮想通貨の中では最も価格の高い物となり、ますます興味を持つ方や取引を始める方が増えてきています。

上昇の道をたどってきたこの仮想通貨はどのように生まれ、どういった歴史を持っているのでしょうか。ここではビットコインが誕生し歩んできた道のり、そしてこれまでの歴史についてご紹介します。

ビットコインの歴史の始まり

歴史の始まりは、ひとつの論文からで、2008年にサトシ・ナカモト氏が作成したものでした。

そのタイトルは「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System(ビットコイン:P2P 電子マネーシステム)」で、その内容を簡単に説明すると円やドルなどの通貨のように管理者が発行するのではなく、仕組みを利用して分散させ暗号化技術と組み合わせることで信用性を持たせるというものでした。

当時この考えにプログラマーたちが触発され、ビットコイン誕生のために融資のプログラマーたちがプログラミングを行い歴史が始まりました。ちなみにこのサトシ・ナカモト氏とはどのような人物か全く知られておらず、名前からすれば日本人ではないかと言われますが、はっきりとはしていません。

初めは特に価値のない存在だった

歴史の始まりの頃は現在のように投資や決済などに使う目的でつくられたのではなく、通貨としてきちんと機能するのか、その場合に問題点はないのかといったことの検証のために利用されていました。

そのため、実際に経済活動に使われることはなく、ビットコインの発掘・送金・テストを繰り返していただけですので研究以外に何の価値も持っていない存在でした

どれほど価値がないかと言いますと、おもちゃの紙幣でしたら子供が遊べるだけビットコインより価値があると言われるほどです。

商取引の始まり

経済活動の歴史が始まったのは、あるエンジニアがピザ1枚と1万ビットコインの交換を冗談半分で申し出たことからでした。実際にこの話を面白がった方がピザを注文して届け、1万ビットコインを入手したことが商取引に使う歴史の第一歩となりました。

このやりとりがきっかけとなり、ビットコインを使った経済活動も面白いのではと興味を持った方々の間で広まっていき、次第に知名度を上げていったのです。

ちなみに、初めに1万ビットコインでピザをプレゼントしたような状態の方はそのままビットコインを持ち続けていれば価値が跳ね上がり、何億も簡単に手にしたことになります。

次第に採掘競争となり価格が上昇

人気があり入手したいと考える方が増えていますが、発行数には上限があり最大2100万ビットコインまでと決められています。そのため欲しいと思う人が増えるほどそれは不足しますので、ますます価格の上昇を招くのです。

さらに、採掘で入手できる量は4年ごとに減ってきています。歴史の始まった頃はまだ採掘にチャレンジしている人数が数百人程度で、普通のパソコンであっても問題なく採掘が可能でしたが、知名度が上がり需要がどんどん高まってくるに従って高性能のパソコンでなければ採掘が難しくなってしまいました。

そのため、採掘で入手していくには高速で処理の可能なパソコンへの投資が必要となり、なかなか高額投資の難しい場合は別の方法を選ぶ必要が出てきたのです。

交換所がスタート

採掘によるビットコイン入手が難しくなりますと、今度は採掘より購入して確実に手に入れようとする人が増えてきました。

そのために、よりスムーズな取引ができるよう設置されたところが交換所です。

現在では日本国内や海外でさまざまな取引所が設置されていますが、その歴史のスタートはここからでした。お金を出してでもビットコインを入手してその値上がりに期待しようとする投資目的の方が多くなったことで取引所の歴史が始まったといえるでしょう。

その他仮想通貨が次々誕生

ビットコインが全く価値のない状態から大きく価値を上昇させ、大幅な利益を得られたことから、それを真似た仮想通貨の歴史が次々と誕生しています。

ビットコイン以外の仮想通貨をまとめてアルトコインと呼びますが、アルトコインそれぞれにメリットがあり、ビットコインのデメリットを補うようにさまざまな種類が生まれているのです。

しかし、それでもやはりトップはビットコインという状態は変わりませんので、仮想通貨初心者がスタートするにはまずそこからではないでしょうか。

通貨と言えば、国などの第三者が価値を管理している物でしたが、ビットコインの登場によって第三者を排除し、より大きな利益を得ることも叶うようになりました

日本ではまだそれほど経済活動の中で浸透していませんが、今後、投資や送金、決済に選ぶ方は増えていくことでしょう。海外へ出かけることの多い方ほどそのメリットを感じる機会は多いはずです。

取引所一覧を見る

ビットコインに関する他の記事