ビットコインの取引所 | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

ビットコインの取引所

ビットコインでおすすめの取引所5選

ビットコインはメディアや情報誌、情報サイトなどで積極的に取りあげられており、仮想通貨の中では最も知名度が高く人気があります。その理由にはビットコインの利便性や時価の高さがあり、今後もますます利用する方が増えていくでしょう。

そこで、これからビットコインを使ってみようとお考えの方や取引口座を増やそうと検討中の方へ、ビットコインの取引所の中からおすすめの5つをご紹介します。

よりご自身の好みや使いやすさなど求めるポイントに合った最適の取引所を見つけ出してください。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引所の中で日本一(2017年2月時点)の取引量を誇っており、利用者の資産を守るために損害保険へ加入している点も安心して利用できる取引所となっているポイントです。

その損害保険取扱い会社は国内大手のため、より安全性の高い取引所と言えるでしょう。

メリットが多い反面、デメリットもあり、取扱い可能仮想通貨がビットコイン、アルトコイン数種程度とまだ種類の少ないことがあげられます。しかし、ビットコインの取引に特化していることに注目すれば、あらゆる仮想通貨に手を出さず絞り込んで口座開設数を増やす方法でしたら最適の取引所になるでしょう。

ちなみに宣伝を積極的に行っていることも手伝って、知名度が一段と上がっている取引所でもあります。

Zaif(ザイフ)

ビットコインだけでなくあらゆる種類の仮想通貨を幅広く扱っている取引所です。種類の豊富さが強みで、特に他では取扱いがまず見られないトークンなどの利用ができるようになっていることも特徴にあげられます。

そして、ユーザー同士でのビットコイン取引が可能なため、取引所を通した場合よりもスプレッドが少なくできるというメリットも持っています。

その反面、アルトコインについては扱いが少なくなっていますが、ビットコインの取引に絞るのであれば特に問題はないでしょう。

また、利用者の数に対してシステムが追いつけておらずサーバーが落ちやすいデメリットがあり改善が待たれるものの、これだけの需要がある取引所ということから改善の早さも期待できそうです。

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

映像コンテンツの配信などを行うDMMグループ会社のひとつで、株式会社東京ビットコインという社名からこのように変更されました。CMなども頻繁に目にする機会があり、親近感を持つ方も多い取引所です。

扱いのある仮想通貨はビットコインを含めて7種類あり、初心者向けに分かりやすく紹介されているところも、初めて仮想通貨を始める方に優しいサイトといえます。

公式サイトには口座開設の始め方を紹介した動画も掲載されており、全く知識のない方もイチからビットコインを始めることができそうな取引所です。

GMOコイン

GMOコインはDMMビットコインと同じように、株式会社のGMOインターネットグループが運営している取引所です。

GMOといえばホームページ制作などをしたことのある方でしたらご存知の方は多いことでしょう。ちなみにGMOコインは2017年9月に登録された比較的若い業者ですが、株式会社が筆頭株主になっていますので知名度と信用性が高く利用者が増加しています。

初心者が始めやすく見やすいページデザインになっている点も、インターネット関連会社が持つ強みを生かしているのでしょう。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

2017年9月に金融庁へ正式登録された取引所ということから、高い信用性が期待できます

この業者自体は2014年11月に設立され、金融庁正式登録までの約3年間で成長してきました。

販売所としてより取引所として強いため、スプレッドが低くなっていることが特徴です。

円・ドル・ユーロの複数通貨で取引することが可能で、取引画面では大変詳しい情報が多数掲載されているため上級者になってから使用するとうれしいつくりになっています。


今回は、仮想通貨の取引が初めてという方に向けてご紹介しましたので、国内で開設されている取引所に絞った内容になりました。

もちろん、海外にも多数取引所はあり、国内では取扱いのないサービスに対応している場合もあります。しかし、海外のところでは言葉が分かりにくい、連絡しても返信に時間がかかるなどのデメリットもありますので、メリットと照らし合わせて考え、利用するかどうかを決定することをおすすめします。

まず、初心者の方でビットコインを始める場合はここで紹介した業者から選ぶことをおすすめします。

例えば、知名度の高さで信用度も高いと判断するのでしたら、大手の会社が運営するところ、取引量の多さを重視、金融庁への登録があるかなど大まかな決断のポイントの他に、実際の取引画面を見て使いやすそうだと感じられることも大切でしょう。

また、スマホ利用が多いなどご自分の生活の仕方に合う管理画面が用意されている点も加えて選択すると、使いやすくて長く使うことができる取引所に出会えるはずです。

取引所一覧を見る

ビットコインに関する他の記事